時間やタスクの管理を目的としない、自分と深く向き合うワークブックのような手帳です。

 

2021年下半期プロトタイプ版は増刷を経て200冊完売し、福岡県内の店舗でも即売り切れたpure life diary。

20ヵ所以上のバージョンアップを経て2022年版が完成しました。

 

現在、先行予約受付中です!

pure life diaryの特長

1 じぶんの価値観や強み・本当にやりたいことが分かるワーク

価値観を見つける7×7の質問

 

7つの項目ごとに様々な質問に答えていきます。

 

  • しあわせ
  • にんげんかんけい
  • くらし
  • しごと
  • れんあい/パートナーシップ
  • おかね
  • まなび

才能を知るワーク

 

9つの質問を通じて、過去の成功体験の共通点や、自分の強みが発揮されているポイントを見つけていきます。

じぶんのやりたいことに向き合うワーク

 

社会の一般常識や他人の目やじぶんの立場などによって、多くの人がいつの間にか「本当にやりたい」という気持ち(want to)を心の中に押し込めてしまい、「〜しなければならない」(have to)を行動の基準にしています。

7つの質問を通じて、じぶんが「本当にやりたいこと」(want to)を明らかにします。

 

10年ワーク・100年ワーク

 

もしも、未来の自分が現在の自分に会ったとしたら…?ふたりがどんな会話をするのかイメージを膨らませながら、質問に答えていきます。

バランスホイール 

 

ここまでのワークを踏まえて、「こうありたい」「こんなことをやりたい」と心からワクワクする未来を8つの項目ごとに記入します。

心からやりたいことリスト2022

 

バランスホイールの8つの項目別に、今年やりたいことを書きます。「やりたいことを書き出そう」という漠然としたワークよりもアイデアが浮かびやすいと思います。

 

やらないことリスト2022

 

じぶんの人生にとって本当は必要ではないことをやめる決断をするのも大切です。理想とする人生を歩んでいる未来のじぶんになりきって、手放すことを考えます。

2 自己実現を叶え感性をみがくマンスリーページ・デイリーページ

マンスリー目標ページ

 

「このピンを倒したら人生がすべてうまくいきそうな重要なこと」をセンターピンと呼び、通常の目標とは別にセンターピンの月間目標を決めます。センターピンを意識するほど、変化・成長のスピードが上がります。また、しあわせを感じられる感覚を育てるために「感性をみがくテーマ」も設定します。

 

マンスリー振り返りページ

 

自分に対するネガティブな言葉はネガティブな未来を作ってしまうので、pure life diaryでは「できなかったこと」「嫌だったこと」を書く欄はつくっていません。「よかったこと」「できたこと」など、自分に対してポジティブな感情になるように1ヶ月を振り返ります。

マンスリーカレンダー

おうち時間が増えて以前のように外出や旅行ができない状況でも、自然を感じられるようなしかけを入れました。QRコードを読み込むと、波の音などの音声や映像がご覧いただけます。

文字だけでなく音や映像に触れることで、感性をみがくことができます。

デイリーページ

 

前日の夜か当日の朝に、その日1日の理想の過ごし方をイメージしながら予定を立てます。


TO DOを書くスペースをあえて小さくしているのには理由があります。

やることを10個書いて5個達成した場合、人は”できなかった5個”の方に意識が向かい、自己肯定感が下がるそうです。

このような脳の仕組みを踏まえて、pure life diaryでは、本当にやるべきこと・やりたいことだけを書ける幅にしています。

3 誰も置いてけぼりにしない手帳

「毎年手帳を買うけど結局続けられない」「挫折すると自己肯定感が下がってしまう」というお声をたくさんいただきました。

そこで私たちは、「挫折しない手帳」「誰も置いてけぼりにしない手帳」を目指し、4つのサポート体制を整えました。

動画サポート

pure life diaryには手帳をより活用できるように解説動画を用意しています。認知科学をベースに解説をしているので、手帳活用の理解が深まり自己実現やしあわせを感じることがより効果的になります。

コミュニティ

公式Facebookグループでは、pure life diaryの活用法をシェアするなど、ユーザーさん同士で情報交換できます。また、手帳づくりの裏側や今後の展望などのコラムをいち早く読むことができます。コメントはせず投稿を読むだけでも十分楽しんでいただけます。ユーザーさんからの意見を翌年の手帳づくりに反映するので手帳づくりに関わりたい方にもおすすめです。

ワークショップ

pure life diaryの使い方の解説、グループワークやシェア会、手帳に関する質問や相談などを行うオンラインワークショップを毎月無料で開催しています。開発者に直接質問できてユーザーさん同士で交流できる場なので、手帳タイムがより楽しくなりますよ。

作業会

ひとりで続ける自信がないけどワークショップに参加するのは緊張してしまう…という方におすすめなのはオンライン作業会。顔出し・会話不要なので気軽にご参加いただけます。たとえば月末には、その月の振り返りや目標設定などを各々手帳に書いていきます。一緒に手帳タイムを習慣にしましょう。

pure life diary 2022

ABOUT

【仕様】

・2022年1月始まり

・上半期(1~6月)下半期(7~12月)2冊と透明カバーの3点セット

・サイズ:A5   

 縦21.9cm×横15.4cm×厚み1.1cm(予定)

・ページ数:160ページ(上下2冊各々)

・しおり3本つき

180度パタンと開く糸かがり綴じ

【内容】

以下のページが上下2冊各々に収録されています。

月間カレンダー/マンスリーページ/デイリーページ/価値観を知るワーク/才能を知るワーク/じぶんのやりたいことに向き合うワーク/バランスホイール/心からやりたいことリスト/やらないことリスト/感性をみがくQRコード

 

※ユーザーさんのご意見も参考にさせていただき、2021年プロトタイプ版から”20カ所以上”修正を加えました

 

【価格】

4,900円(税込・送料込み)

ご購入者様には1年間分のワークショップ参加権利と解説動画をプレゼント致します!

※現在製本中のため、予約販売とさせていただいております。お届けは11月中旬以降となります。

 

※印刷業者変更に伴い、2021年版と2022年版の表紙の色合いは異なりさらに改良されました。また、光の当たり方やお使いのモニターの発色具合などによって、実際のものと色が異なる場合がございます。

 

・特定商取引法に基づく表記(返品等)

・この商品について問い合わせる

pure life diaryをつくったきっかけ

pure life diaryの楽しみ方

Type1 ひとりでマイペースに書き進める​

pure life diaryは一般的な手帳と違い、自分と向き合うワークがたくさん収録されています。また、1日ごとに数行の日記スペースも設けているので、自分の気持ちを整理することができます。

 

pure life diaryを開く時間は自分と会話をする大切な時間です。

書きたいときに書きたい内容を誰にも邪魔されずに書いていく。

自分のペースでじっくり楽しんでください。

Type2 家族・パートナー・友人・仕事仲間と一緒に使う

「小学生の息子と一緒に書いています」「ワークに取り組む私を見た夫が「やってみたい!」と言うので夫婦で一緒に使っています」「とても気に入ったのでお友達にも使ってほしくてプレゼント用に追加注文しました」

2021年プロトタイプ版を購入いただいた方からこんな感想をいただきました。

また、仕事のクライアントさんといっしょに使っている方もいます。

pure life diaryを使うとお互いの価値観・才能・目標が明確になるので、コミュニケーションもスムーズになります。

pure life diaryは大切な人へのプレゼントにもおすすめです。

Type3 コミュニティメンバーと交流しながら楽しむ

Facebookグループやワークショップなど、pure life diaryのユーザーさん同士で交流できる場所をご用意しています。

 

周りに手帳を使う人がいないけどひとりで続けるには心細い…という方はぜひユーザーさん同士の交流をお楽しみください。

ユーザーさんの感想

Q、pure life diaryを使う前と後で起きた変化や気づきは何ですか?

「心が動く瞬間ってこんなにも日々に溢れているんだな」と気づきました。 また、読み返すことで自分がどんな感情を大切にしているかはっきりしてきたと感じます。 夏休み中、ほとんど一緒に過ごしていた小4の息子もpure life diaryを使っていたのですが、心に残る瞬間や感情が違うのがよくわかっておもしろかったです! 私と息子の手帳時間をきっかけに「今日はどんな日にしたい?」「今日はどうだった?」と家族で話す時間も自然と増えました。
諏訪 恵さん
フリーランス
前半では色んな角度から質問に答えることで、自分でも忘れていた感情や価値観に気づきました。 スケジュール部分には、当初効果を期待してなかったのですが、ここが最も変化に繋がりました!通常なら実際の予定を書きますが、やること以上に本当に大切な「センターピン」をマンスリー、デイリーで描き、振り返ることを習慣にできる仕組みにより、目標に対する達成スピードがすごく上がりました。
大塚 祐子さん
会社員
自分のゴール設定や毎日の振り返りをちょうどしたいと思っていた時に、書く分量や使いやすさ、デザインなど、全てにおいてピッタリの手帳だと思ったので購入しました! 毎日感謝を綴る習慣を持てたことで、非常に心が穏やかな毎日を過ごすことができています。
菅原 邦弥さん
フリーランス
書くことでボンヤリしていた願望や夢にピントが合った感じです。「私、こんな夢をもっていたんだ」「なりたい自分を知らない内に隅に追いやっていたかも」と気づきました。毎日のルーティンに手帳時間を取り入れることで、「小さな幸せ」を見つけるのが上手になりました!
藤田 郁子さん
主婦

よくあるご質問

はい、もちろんです!

pure life diaryはセルフコーチングの要素を多く取り入れているので、ぜひお役立てください。ワークの答えを共有することで相互理解も深まります。

大変申し訳ございませんが、包装は承っておりません。恐れ入りますがご了承くださいませ。

現在製本中のため、予約販売とさせていただいております。お届けは11月中旬以降を予定しています。発送しましたらメールにてご連絡致しますので、今しばらくお待ちください。また最新情報は公式LINE・メルマガ・Facebookグループでもお知らせ致します。

ご注文が殺到してページが混み合っている可能性がございます。
 
また、LINE画面から直接購入ページを開いて購入ボタンを押すと、ページがエラーになって表示されないようです。

大変お手数ですが、少し時間を置いてから再度ご確認いただくか、URLをコピーしてGoogle Chromなどのブラウザから閲覧」にて対応をお願い致します。

pure life diary 2022

ABOUT

【仕様】

・2022年1月始まり

・上半期(1~6月)下半期(7~12月)2冊と透明カバーの3点セット

・サイズ:A5   

 縦21.9cm×横15.4cm×厚み1.1cm(予定)

・ページ数:160ページ(上下2冊各々)

・しおり3本つき

180度パタンと開く糸かがり綴じ

 

【内容】

以下のページが上下2冊各々に収録されています。

 

月間カレンダー/マンスリーページ/デイリーページ/価値観を知るワーク/才能を知るワーク/じぶんのやりたいことに向き合うワーク/バランスホイール/心からやりたいことリスト/やらないことリスト/感性をみがくQRコード

※ユーザーさんのご意見も参考にさせていただき、2021年プロトタイプ版から”20カ所以上”修正を加えました

 

【価格】

4,900円(税込・送料込み)

ご購入者様には1年間分のワークショップ参加権利と解説動画をプレゼント致します!

※現在製本中のため、予約販売とさせていただいております。お届けは11月中旬以降となります。

 

※印刷業者変更に伴い、2021年版と2022年版の表紙の色合いは異なりさらに改良されました。また、光の当たり方やお使いのモニターの発色具合などによって、実際のものと色が異なる場合がございます。

 

・特定商取引法に基づく表記(返品等)

・この商品について問い合わせる

pure life diary公式メディア

pure life diary SNS

開発者プロフィール

「高額なコーチングやコンサルを受けなくても手帳で自己実現できる人を増やす」をミッションとして認知科学に基づく手帳を開発。東京から福岡の糸島に移住して8年。
本橋 へいすけ
認知科学コーチ/コンサルタント
「心の定期検診を当たり前の文化にする」を掲げ、自分と向き合うメソッドを伝えている。セルフケアを行い自己肯定感を上げられる人を増やしたいという思いから手帳の開発に加わる。